Medical information診療案内

Implantインプラント

インプラントとは

失われた歯のかわりに働く「第二の永久歯」。
人工歯根が骨と一体化します。
インプラントとは、なくしてしまった歯のかわりにアゴに埋め込む歯のことです。人工の歯根を骨に埋め込み、その上に天然の歯のように自然な外観の人工歯をかぶせる仕組みです。骨にしっかり定着させるため、まるで自分の歯のように使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

歯は歯茎から出ている部分の下に、歯茎の中に太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。歯根はいってみれば植物の根っこのようなもの。根っこが丈夫な植物ほど大きく育つように、歯も歯根がどっしりとアゴの骨に定着していることが重要です。

インプラントが画期的なのは、歯肉を切開してアゴの骨に穴を開け、そこに人工的な歯根を埋め込むことで、天然の歯と同じような機能を生み出せる点。インプラントのように、歯の根っこを生み出す治療法は今のところ他にないのが現状です。

つまりインプラントとは、アゴの骨に埋め込んで歯根と同じ働きをする人工歯根と、歯茎の上から見える人工の歯、その2つをジョイントするアバットメントの3パーツからできています。この3パーツをどのように入れるかによって手術回数や治療期間が大きく変わってきます。

歯を支えている骨(歯槽骨)の
再生療法について

当院では、歯の再生療法を行っております。
歯周病は治らないと思っている方も多いのではないでしょうか。歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。しかし、実はエムドゲインという薬で歯周病で溶けてしまった骨を再生させることができるのです。すべての骨が再生できるわけではありませんが、骨を再生させることによって歯の寿命を長期間伸ばすことができます。
詳しくはがご気軽にお問い合わせください。

入れ歯とブリッジの比較

これまでは歯を失った場合の治療法としては、入れ歯とブリッジが代表的でした。入れ歯とブリッジの違いを見てみましょう。

入れ歯

歯を失った場所に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込み、周囲の歯にバネで固定する方法です。これまで最も一般的に行われてきた対処法ですが、天然歯がなくなっているだけにアゴの骨が痩せやすく、周囲の歯に負担もかけるという欠点があります。周囲に虫歯ができやすい、見た目がきれいじゃない、かみあわせが悪いなどの問題点が多いのが特徴です。

ブリッジ

歯を失った場所に義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定する方法です。左右の歯とセットで固定するので安定感があり、天然の歯と遜色ない自然な歯を入れることができますが、一方で健康な左右の歯を削る必要があり、周囲の歯が将来的に損傷する可能性があるというデメリットもあります。

入れ歯やブリッジとインプラントとが大きく異なるのは、「歯が動かない」という点に尽きます。入れ歯は着脱可能で清潔に保てるというメリットはありますが、そのぶん浮いたような感覚があり、かみあわせに違和感を覚える人も少なくありません。またブリッジは人工の歯を両側の歯に橋をかけて固定している状態のため、歯が抜けたためにアゴの骨が痩せたりすると歯並びが悪くなるというリスクもあります。

それぞれのメリット・デメリット

歯を失った時の主な治療法として、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つがあります。それぞれの治療法にはメリット・デメリットもあります。
具体的にはどんなメリット・デメリットがあるか比較しましょう。

インプラント(人工歯根)

メリット

  • 自分の歯に限りなく近く、自然に見える
  • 周りの歯を一切削らなくてよい
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかる
  • アゴの骨がやせるのを防いでくれる

デメリット

  • 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
  • 全身疾患がある場合には治療ができない場合がある

入れ歯

メリット

  • 一般的治療で、簡単に治療を受けることができる
  • 健全な歯をほとんど削らなくてすむ

デメリット

  • 入れ歯に違和感を覚えることがある
  • 固い食べ物に苦労する場合がある
  • 見た目が良くない場合がある
  • 発音に問題がでる場合がある

ブリッジ

メリット

  • 費用をかければ見た目の仕上がりがよい
  • 固定式のため、装着しても違和感があまりない

デメリット

  • ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある
  • 発音に問題がでる場合がある
  • 歯の抜けた部分の骨がやせていく場合がある
  • 口の中が不衛生になりやすい

インプラントの費用について

インプラントの費用は35万円~(上部構造を含む)です。
インプラント治療は、健康保険が適用されない「自由(自費)診療」です。

そのため医院によって料金設定が異なり、医院の環境や歯科医師の技術、使っているインプラントによって料金が変わり、地域によっても差があります。

また、インプラント治療1本あたりの費用の内訳には以下が含まれます。

インプラント治療(1本あたり)費用内訳

  • 精密検査・診断料
  • インプラントを埋め入れる手術代
  • 人工の歯の費用(オールセラミックなど)
  • メンテナンス

インプラント治療にかかる費用は、医院によって様々です。診断、手術、また手術後のメンテナンスまで、かかる費用をすべて考慮したうえで、比較・検討されることをお勧めいたします。

クーゲルホックアタッチメント

クーゲルホックアタッチメント(Kugel hook)は、プラスチックの持つ弾力性を維持力として応用した、ホック式ノンクラスプ有床義歯アタッチメントです。

特徴

クラスプのように鉤歯を傷つけることなく審美的です。
構造がシンプルで破損のトラブルも少なく、また、プラスチック製であるため経済的です。口腔内で義歯をしっかりと咬合させた状態でフィメールを埋入固定するので、確実な咬合が得られます。

メール形成時、メールの直径が2.16mmの場合、700g以上の維持力が得られるよう設計されています。既存の有床義歯も鉤歯を補綴しメールを付与することにより、ノンクラスプデンチャーに移行することが可能です。フィメールの内部に「アイドリングスペース」という遊びを設けることによって、咬合時における咬合圧や、側方圧といった支台歯にかかる ストレスを小さくとどめることができます。また非咬合時には、粘膜への圧迫が緩衡され、装着感の良い有床義歯を作成することができます。

インプラントの寿命

インプラントの平均寿命に関する十分なデータは、残念ながらありません。しかし、10年後の残存率は90%を超えているというデータはあります。 実際40年程度、快適な状態で使用したというケースもあります。

また、ブリッジの平均寿命は約6~7年、入れ歯の平均寿命は約5年といわれています。これを考えると、インプラントの寿命がいかに長いかがわかるはずです。

しかも、インプラントの品質や技術の進歩により、さらに使用できる年数は長くなると予想されます。

Whitening / Cleaningホワイトニング・クリーニング

歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。
歯を削ったりすることなく、歯の中にある色素を分解し、歯の明度を上げて白くしていきます。
以前は、歯を白くするには歯の表面を削ったり、人口歯をかぶせたり、歯の表面に薄い 板状の膜を貼り付けたりする方法が採用されていましたが、現在は安全性の高いホワイトニングが主流となっています。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯に専用の薬剤を塗布し、レーザーや光を当てて歯を白くする方法が一般的です。
短時間で歯を白くできるので、即効性のあるホワイトニング方法と言えます。

一方、ホームホワイトニングは、自宅にて、個人の歯形に合わせてホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着して歯を白くしていく方法です。
歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

ホームホワイトニング

当医院でおすすめしている治療法は、おうちで簡単なマウスピースをはめるだけのホームホワイトニングです。時間こそかかりますが、持ち運びも便利で、効果も長持ちします。

ホームホワイトニングは、歯型を採り作成した専用トレーにご自分でホワイトニングジェルを注入していただき、1日2時間以上、2~3週間続けることで自然な白さを得ることができます。

ホワイトニングの効果は、年齢あるいは薬のタイプにより個人差が出ることがあります。当院では数種類のホワイトニングジェルをご用意して、対応させていただきます。ご気軽にご相談ください。

PMTC 歯のクリーニング

PMTC 歯のクリーニングとは

バイオフィルムをご存知ですか?歯の表面にできる頑固な菌の塊のことです。

ご家庭でいくら熱心に歯磨きをしていても、バイオフィルムがもし形成されていたら…歯磨きの努力も水の泡と化しているかもしれません。

ぜひ一度プロによる歯のクリーニングを受けてみてください。

歯の周りには歯ブラシでは落とせない汚れがあります!

近年、話題になっている言葉「PMTC=(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」をご存知でしょうか。PMTCとはその名の通り、プロフェッショナルによる歯のクリーニングのことをいいます。

PMTCでは歯科衛生士が特別な機器を使ってプロならではの歯のクリーニング行うことで、普段の歯磨きケアでは取り除くことのできない頑固な歯の汚れを取り除きます。

PMTCには、歯の汚れを取り除き、きれいな歯を保つだけでなく、その結果として虫歯や歯周病を予防する効果もあります。

PMTC 5つの効果バイオフィルムを破壊することで、さまざまな効果が期待できます

01

きれいな歯を保ち、口臭を防ぐ

歯磨きをしても汚れが残っていたり、口臭がすることはありませんか。
きれいな歯を保って、口臭を予防するように心がけましょう。

02

歯周病や歯肉炎などの予防

ご自身では磨ききれない部分の歯垢を完全に除去し、歯肉の状態を健康にすることができます。

03

虫歯になりにくい口の中になる

ご家庭での歯磨きだけでは除去できない歯垢を破壊し、フッ素を塗布するなどして歯垢が付着するのを防ぐことで、新たな虫歯の発生や進行を予防することができます。

04

歯質が強くなる

歯垢を完全に除去した後の歯の表面に、フッ化物入りペーストを塗ることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化することができます。

05

歯が美しくなる

タバコのヤニやコーヒー、お茶などの着色で歯が汚れていませんか。PMTCを行うことによって、光沢のある美しい歯を取り戻すことができます。

Information診療のご案内

読み込み中...

…休診日 …午前休診日
…午後休診日 …休日診療(白)

  • ご予約・お問い合わせ
  • 24時間WEB予約
診療時間
AM 9:00~12:00
(受付11:30まで)
- - -
PM 3:00~7:00
(受付6:30まで)
- - -
  • 土曜日の診療時間は AM9:00~12:00、PM3:00~6:00までです。
    土曜日の午後は隔週でPM1:00~PM4:00まで診察しております。
    詳しくはお問い合わせください。
休診日
木曜日・日曜日・祝日

〒518-0013
三重県伊賀市東条75-1 (広い駐車場をご用意)

Pagetop